三井住友銀行 カードローンの審査と特徴<審査に通るコツや審査の流れ>

三井住友カードローンの詳細を知ろう

三井住友カードローンの詳細を簡単に説明します。

  • 金利 4.0〜14.5%
  • 最高限度額 800万円まで
  • 申し込み 最短30分審査
  • カード発行 即日も可能

銀行が発行するカードローンのため総量規制に影響されず、限度額300万円までの申請なら収入証明書の提出が不要です。つまり詳しく年収はチェックされないのですが、会社の種類や働き方などの属性により審査されるということです。
また、銀行なのに即日カード発行が可能なのも便利な機能でしょう。三井住友銀行にはローン契約機が設置されており、審査結果によりその日の内にカードが受け取れる場合があります。審査の結果が知らされる時間は9時から21時までとなっており、メールや電話で結果がわかります。
ローン契約機は消費者金融の無人契約機のようなタイプもあります。朝9時から夜の9時まで営業しているATMもあるため幅広い時間帯で利用できます。消費者金融のマークはなく、三井住友銀行のATMですから利用しやすいと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし場所によっては他の消費者金融自動契約機内での設置もあるようですから、人目を気にされる方は契約機の種類を選ぶことをおすすめします。
また、インターネットバンキングを既に利用し銀行カードを持っているなら、キャッシング機能を新たに付けることも可能です。

カードローンの増額は途中でできますか?

三井住友銀行カードローンを利用中ですが、途中で増額してもらうことはできますか?

三井住友銀行カードローンならお近くのカードローン契約機にて限度額の申し込みができます。最高800万円までの増額ができるため希望の方は申し込むと良いでしょう。また電話での申し込みも受け付けています。ただし利用金額が300万円を超える場合は所得証明書の提出が必要となるため、年収の額より希望に添えない場合があります。

 

増額を希望する方は最初から金額を増やすのは難しい場合があります。まずはコツコツと利用実績を育て、優良客だというアピールをしてみてください。増額される期間の目安は一概にいえませんが、半年や1年など長期的に使うことをおすすめします。その場合は必ず返済はきちんとすることが第一条件です。はじめての利用だと実績が無く返済してくれる人か判断が難しいため希望額より少なめになることがあります。使い続けることで信用が生まれ収入に応じた利用金額へと増額される可能性はあるでしょう。

 

お近くのローン契約機以外でも店舗での相談、電話での申し込みも受け付けています。電話はフリーダイヤルですから気軽に相談してみましょう。その際には審査に必要となる書類など案内があります。

カードローンは誰でも申し込めますか?

三井住友銀行カードローンは誰でも申し込みができますか?審査基準を教えてください。

カードローンには最低限必要となる条件があります。

  1. 満20歳〜満60歳以下まで
  2. 安定した収入がある方
  3. 保証会社の保障が受けられる人

この3点が必要となります。一般的な消費者金融では2番目までの項目が付けられていることが多いのですが、このローンは銀行が提供するキャッシングとなるため保証会社の保障が加えられています。
SMBCコンシューマーファイナンスの保障が得られる人となっており、2番目までの基準プラス保証会社の基準も加わることになります。年収がそこそこある会社員の人でも基準値に満たなければ審査に通らないことがあります。

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、三井住友フィナンシャルグループの子会社です。プロミスを経営する企業のことで、バックには消費者金融がいるわけです。大手消費者金融の多くは銀行の傘下に入っており、自らローンを提供するほか保証会社の役割を果たす企業も多いのです。

 

万が一のトラブルがあれば債権回収はプロミス側に移ると考えておくと良いでしょう。銀行のローンは銀行独自の審査基準+消費者金融の基準の両方が必要となるため、消費者金融より審査が厳しいといわれるわけです。

一括払いをして利用金額を超えたら?

一括払いをした時に利用金額より超えた金額を支払った場合はどうなりますか?返済してくれるのでしょうか。

三井住友銀行の普通口座との連携が可能なため、多く支払いしすぎた場合は残高が普通口座に移動されます。万が一多く支払ってしまっても口座に移されるため安心して使用することができます。
ただし普通預金に既に入金してある金額とは別の取り扱いとなります。公共料金の支払いなどには使用することができず、カードローンの支払いとして利用できるのみです。預金とは異なる扱いのため利息は付かず取り扱いルールが異なります。

 

三井住友銀行カードローンには2種類の使用方法があります。

  • カードローンのみ
  • ネットバンギキングカードにカードローンを付ける方法

普通口座にてローンの取引をしたい方は普通口座の開設も同時にすると良いでしょう。カードローンのみの利用も可能ですが、同銀行の普通口座を取引先として指定すると、入金のしすぎでもスムーズに残高が返金され便利です。既にインターネットバンキングを使っている方は、ネット上でカードローンの申し込みも行なうことができます。インターネットバンキングは他行宛の振込み3万円までの場合216円の手数料のため、メインバンクとしても便利です。

三井住友銀行カードローンの金利について

三井住友銀行カードローンの金利を教えてください。利用金額により設定が決まっていますか?

限度額により金利がそれぞれ設定されています。実際に融資を受けている額ではなく、契約極度額にて金利が変動しています。金利を下げたいと感じる方は利用限度額を引き上げてもらうよう申請するのもひとつの方法でしょう。

100万円以下 12〜14.5%
100万円〜200万円 10〜12%
200万円〜300万円 8〜10%

このように限度額が増えるに従い金利が下がる仕組みです。年率を4%台にするには600万円以上の利用限度額の契約が必要となります。この場合300万円以上の限度額となるため、収入証明書の提出が別途必要となります。利用しやすいのは300万円までの年率10%までと考えておくと良いでしょう。

 

更に金利を引き下げる裏技があります。

それは三井住友銀行の住宅ローンを利用する方法です。


問題なく返済をしている人に対してはカードローンの金利引き下げが提案されることがあります。住宅ローンの審査は一般のローンより審査が厳しいため、この審査に通るということはそれだけ社会的な信用度が高いと判断できます。カードローンの審査にも影響されやすく、住宅ローンの利用も考えている方は兼用するのも良いでしょう。

その他のカードローンについて